窯焚き準備進む

5月4日の朝

窯屋根の向こうの海から、太陽が真っ直ぐに寝床に届くようになると5月。
1月に入ってから作り続けた300を越える作品を搬出、5月1日から窯づめに入った。

 

窯づめー最深部、1列目

2列目の状態

3列目

4列目及び火前の作品配置

左右の棚下の配置状況

ロストルの構成

ロストル口、上下二つの焚き口を作りつつ窯を閉じる。
いよいよ8日より窯に火が入る。

ドイツから仲間の芸術家(綿引展子さん)を迎えて

e満開の桜の下

桜が咲き、海が煙って、朝の散歩がようやく気持ち良い季節。
ドイツ、ハンブルクで活動を続ける画家綿引展子さんを迎えて夕食会を持った。

彼女は、20年ほど前、アトリエとして自分の旧宅を買ってもらって以来の長い付き合いで、現在ドイツ在住、日本での展示会が計画される度に真鶴に足を伸ばしてくれる。
今回も日頃付き合いの深い、箱根仙石原と真鶴近隣の友人、新しく加わった設計家のお隣さんと共に会食と楽しい会話で盛り上がった。

綿引展子(Nobuko Watabiki)さんのサイト

窯焚きまでひと月

5月の窯焚きに向けて

ギャラリー前の浅間様の古木が花を付けた。

椿、こぶし、アセビ、さらに庭の大島桜も満開の時を迎えようとしている。

 

すでに3月末、窯焚きまで残すところ一月だ。

気が付けばもう3月

3月に入って急に春めいてきた。
梅が咲き、庭の東斜面はフキノトウで一杯、馬酔木も花房を垂れ、気が付けば、昨年秋の陶展(アートさんぽ)からすでに3か月が過ぎた。

 

正月を迎えて、数日を過ぎたあたりから薪割りを開始した。
今年も5月に穴窯を焚くと決めてから、折を見ては割り続け、現在半ばまで来たろうか。

作陶が後を追う。土が少しずつ手に着いてリズムができつつある。
水もぬるんで、春はものづくりに追われる。
おいおい、もうつくしも顔を出した!

 

 

1月の雪

久し振りの雪景色

6日、この辺りでは珍しい大雪になった。雪で世界は一変する。一変した世界が、翌日の快晴であっさりともとに戻って、なんだか夢のごとくだ。
現実に戻って、今日は朝から薪割りを開始。素性のいい松で、これは今年の窯焚きの一番肝心な数日を乗り越えるエネルギーとなる。しばらく続く今年の薪割りと作陶が始まった。

 

迎春

明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

令和3年 元旦

アート散歩も無事終了し、早1か月

多くの関係者の協力のお陰でアート散歩も無事終了

薪置き場のあられ、今年初めて顔を見せた椎茸-展示会が終わってまもなく一月、ようやく静かな日常が戻って来た。

薪置き場のあられ

椎茸が顔を出した

薪置き場の一角に、薪の整理もかねて、捨てられた古材で風よけを作った。
ここはとびきり気分のいい場所だ。
折々薪も割出して、気持ちはもう来年5月の窯焚きに向かっている。

手製の風除け