季節が移り、アート散歩が近づく

9月に入って

海の上に夏雲、庭先に萩の花、季節がせめぎあっている。

今年初めての曼珠沙華が顔を覗かせ、昨年の名残、富士のキノコが顔を見せる。

日頃野菜を届けてくれる湯河原の友人が、今日は珍しく花束の追加。女郎花(おみなえし)と鶏頭。ビードロの耳付き花器に活けると、卓上に秋が来た。

季節がアート散歩の近いことを教えてくれる。
夏の間、猪が荒らしまくってくれた庭先と畑の整備そして作陶。

これが風籟窯の9月、10月。
11月の展示会がそこまで来た。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。