気が付けばもう3月

3月に入って急に春めいてきた。
梅が咲き、庭の東斜面はフキノトウで一杯、馬酔木も花房を垂れ、気が付けば、昨年秋の陶展(アートさんぽ)からすでに3か月が過ぎた。

 

正月を迎えて、数日を過ぎたあたりから薪割りを開始した。
今年も5月に穴窯を焚くと決めてから、折を見ては割り続け、現在半ばまで来たろうか。

作陶が後を追う。土が少しずつ手に着いてリズムができつつある。
水もぬるんで、春はものづくりに追われる。
おいおい、もうつくしも顔を出した!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。